<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク at | - | -

Tamas Wells@早稲田スコットホール
評価:
タマス・ウェルズ
Lirico
¥ 2,300
(2010-11-11)



昨日、行ってきました。

お友達から教えてもらったタマスさん。
いつも友達が目をキラキラしながらタマスさんの良さを
語ってくれたので、気になっていましたー

それに小鳥ちゃんやら、エギちゃんやらDelano Orchestraやらの
ワタシ的にもタマスさんのアルバムを出してる、レーベルさんってこともあり、
ちょうどナイスなタイミングでタマスさんのアルバムと新作ツアーで
来日ということで行かせてもらいました。

早稲田奉仕園という場所で、全く知らなかったトコロで。
またもや、無事にたどり着けるのか?!と、ドキドキ、ヒヤヒヤ。
ちょうど昨日は変な天気で大雨で強風と電車のダイヤも
狂いまくりで、焦ったし。

着いて、入り口に並んでたらサポのキムさん(後で友達に聞いて知りますた)が
ニコニコしながら来てて。
で、入って見るととってもこじんまりとした空間。
椅子が並んでて、友達を探しつつキョロキョロしてようやく友達と会えて。
ワタシはど真ん中の前よりも右寄りの席に行きました。

最初はタマスさんがミャンマーでの事、新作の事を語りつつ、
レコーディング風景的なイメージで撮影されたショートフィルムを上映してくれました。
コレを見せてくれる、レーベルさんのタマスさんへの愛を感じました。
いいっすよね。こういう、大好きなアーティストを出してるんだ!的な愛情。

で。後この映像見てて。
他のアルバム聞いてないし、こんな事ワタシが言うのもおこがましいんだけど。
新作の「Thirty People Away」って誰かへの子守唄に聞こえてて。
なんか、こう、難しいんだけどマザーグース的なカンジの、ね。
で、映像見てて、思ったのは毎日死と隣り合わせで暮らすミャンマーの人々が
眠ってる間だけはゆっくり休んで欲しい、起きてる間の血生臭い出来事から
ほんの少しでも眠ってる間は逃れられますようにって。
で、子守唄を歌ってるんだーって。
勝手なワタシの思いですが、そんなものを感じて、すごいなーって思ってました。

終わるとほどなくサポでありオープニングアクトでありーのキムさんが登場。
フワフワな髪質のとっても気のいいお兄ちゃんってカンジの人で。
曲はフォーキーでカントリーがちょっと入ってるカンジ。とっても素敵でしたよ〜

で、終わって少しするとタマスさんとサポでキムさんが登場しました〜
その後、アンソニーさんも出てきてピアノとギターで。
タマスさんは歌ってる時とお話してる時の声のギャップが素敵。
普通にいろいろとおしゃべりしてくれてました。
あんまし英語わかんないんですが、「前に冬に来た時は寒かったのに、
今日は25℃もあるんだってねー」とか、オーストラリアかな?で
「中古屋さんって盗まれたものがほとんどを占めてるんだよー
盗られた物が安っすくなってね・・・」とかそんなこと言ってたなー
笑ったのがベル。ベルを鳴らすたびにガッツポーズするキムさんが
可笑しかったぁー
アンソニーさんのピアノソロも素敵でした。
そしてタマスさんの歌声ウットリと聞いてるあっという間に終わってしまいました。
新作しか聞いてないワタシでしたが、どの曲も全部楽しめましたよ〜!

その後、お友達とおしゃべりしつつ、タマスさんのサインを頂き、
(あ、タマスさんはとっても気さくな方でしたよ〜)
本当はブログを通して知った方達ともいろいろお話ししたかったんだけど、
タマスさんがせっかく日本に来てるんだし、そこへお邪魔するのは
ワタシ的にとても申し訳ない気持ちでいたり。
まあ、電車も遅延しまくりだったから、家に帰れるかも心配だったので
挨拶もそこそこに帰ってしまいました・・・(;^ω^)
英語も話せませんからね〜。もっと勉強しろ、自分ってカンジ

日曜も素敵なライブになると思うので行く方は是非楽しんで来て下さい★

Posted by riri-inu at 19:06 | music:live | comments(3)

Black Rebel Motorcycle Club@Liqid Room


これも遅くなりましたが。
行ってきました!
凄かったっすー!前回の3時間セットに負けず劣らずの
非常に充実した内容でしたよ〜
いやあ、マジでカッコ良かったっす。
ロブもピーターも相変わらずのストイックさ。
二人とも真っ黒。どこまでも真っ黒。マジで半端なくカッコ良かった。
でもピーターってちょっと、ぽっちゃり?した?
新しいドラマーのリアーさんも雰囲気ある人でしたな〜
素敵でカッコ良かったですよ。

まあ、ニックの方で見慣れてた分、どーも、昔のBRMCを
思い出してしまいましたが。

で、本編も言わずもがな。すんごい音の洪水を浴びてきました!
とにかく全曲凄かったですよー全然セットリストとか事前チェックして
なかったんで。でも、良かったぁー、ほんとに。
お客さんもBRMCが本当に好きな人達ばかりだったみたいで
よく集中して見れた!なんか、こういう雰囲気のライブは久しぶりなので
とても気分が良かったー
あとはShade of blueが聞けて嬉しかった!
新作もあんまり聞き込んでないんだけど
ライブで聞くと良かったから、ちゃんと聞こうっと。
ロブが結構、笑顔を見せてくれて本当に素敵でしたーロブ〜〜〜!!!
最後はロブもピーターも引きまくりで圧巻でしたよー
あっという間に終わった。
後はSalvationが聞けたらもっと最高だったのにな〜


1.War Machine
2.Mama taught me better
3.Red eyes and tears
4.Beat the devil's tattoo
5.Bad blood
6.Ain't no easy way
7.Love burns
8.Aya
9.Berlin
10.Weapon of choice
11.Shade of blue
12.Whatever happened to my rock and roll

Acoustic set

Rob: Vision of Johanna、Mercy

Peter:Complicated situation、The toll

13. Shuffle your Feet
14. Half-state
15. Conscience killer
16. 6 Barrel shotgun
17. Spread your love

---encore---

18.Stop
19.Shadow's keeper

***Rob's special acoustic set***

Sympathetic noose
Dirty old town
Rifles
I am the resurrection
The line

なんせ、今更セトリ探しながらなもんで、
こんなんでいいのか。。。間違ってたら、すんません。

最後は、なんかとっても疲れたんで早く帰ったんで
2階のロッカーでやったロブのアコセットは見れなかった・・・トホホホ
くぅぅぅ、、、ライフルとリザレクション聞きたかった・・・涙

でも、BRMCの音楽に対する情熱度は半端ないね。
そして日本のファンに対しても、すごく大事にしてくれてるのがわかるし。
だって今回も結局3時間近くやってくれたんだもんね。
なんか、こういうのって本当に感動しちゃうんだー

本当に素敵なライブをありがとう。また来てね!

とにかく。

BRMCのライブはもうちょっと粘ることにするーーー

Posted by riri-inu at 18:05 | music:live | comments(0)

Wilco@Zepp Tokyo


行ってきました!

いやあ、ようやくWilcoが見れたっていうだけでも大満足。
でも、人が多すぎ、男子率高しで見えなかったー
男子というか、いかにもっていうか、らしい、オジサマがたくさんいた。
若い子もたくさんいたけど、とにかく男性が多い。
UK一派のワタシにしてみれば、系統がちょっと違うカンジなので、
へえー・・・ってカンジでして。
で、みんなの意気込みが凄くて、後ずさり気味な
ワタシはテーパーズセクションの隣辺りにいた。
テーパーズセクション、みんな凄い機材を持ち込んでて、見てるだけでも
面白かった。できるだけ、マイク高くしてるし。

そんな訳でチビには見えず。。。時折、ジェフとか、パットが見えた。
パットが可愛かったよ〜。フフ
まあ、Wilcoにはあまりそういうので好きになった訳ではないんで、
メンバの姿は見れないのは残念だったけど、しょうがない。
ワタシがお気に入りのドラムのグレンは最後に台の上に
仁王立ちしてくれたからようやく見れたってカンジで嬉しかった。
あとはマイケルさん(で、いいのかな?)のメガネを生で見たかったー
ジェフはあの通り。時折見える姿っていうか、
生で見る風情にも頑固一徹さが滲みでつつ、
ファンに対してはすごく愛情深い人なんだなーって思って。
ご機嫌はとっても良さそうで、いろいろと話してくれた。
1番面白かったのが、「またすぐ戻ってくるよ。・・・来週ね!」ワハハハ
で、声がやっぱり良いんだよね〜ほんと。ジェフの声が生で聞けて大満足。

本編のライブはというと。たっぷり2時間半弱。
まあ、USの3時間には及ばないけど、古めの曲が多かったと思う。
Ghost Is Bornから多かったかなー
聞いてて涙が出そうになったのはOne Wing。もうね、初っ端から、
あまりの演奏のきれいさに鳥肌たって、しかもジェフの声がたまらん!!!
もうね、凄く良すぎて途中から涙出そうになった。
後はね、Impossible Germanyもネルスが魅せてくれた!
あの切ないメロから、最後ネルスが一気に突き抜けてくれるのが
とにかく気持ちよくって最高だった!
あとは。Via Chicagoが凄かった!聞いててドキドキしちゃったっす。
Jesusは歌ってーとジェフがお客さんに歌わせてた。
ワタシは大好きなbeing thereからは全然やってくれなかったのがちょいと不満。
あとはSide With The SeedsとSonny Feelingが聞きたかったし、他にもあるけど。
でも、昨日やってくれたどの曲も凄かったから、また今度ね。
っつーか、フジで聞きたい!!!やっぱりWilco見るなら野外がいいかもって。

今思ったが、そこがUSとUKの違いとも言える気がする。
天井を見ながらよりWilcoは空が見える場所で見ると、もっと良いと思う。

セトリ。

1.Wilco
2.Bull Black Nova
3.You Are My Face
4.I Am Trying to Break Your Heart
5.One Wing
6.A Shot In The Arm
7.At Least That's What You Said
8.Radio Cure
9.Muzzle of Bees
10.Deeper Down
11.Handshake Drugs
12.Impossible Gemany
13.Via Chicago
14.Poor Places
15.Resevations
16.Spiders(Kidsmoke)
17.Hummingbird
18.Jesus,etc
19.You Never Know
20.I'm Always In Love
21.Heavy Metal Drummer
22.Hate It Here
23.Walken
24.I'm The Man Who Loves You

-----encore-----

25.The Late Greats
26.I'm a Wheel


こうしてみると壮観だわー。

とにかく日本に来てくれて、ありがとう!
また来てね!

Posted by riri-inu at 15:00 | music:live | comments(0)

KOCとジェイミー


いやあ、無事行ってきました〜

すごく疲れたけど楽しかった!

KOCは仕事のせいでほんとギリギリまで行けるかどうか。。。
すごーく焦った。でも、なんとか間に合った!!!
ちょうどオープニングアクトが始まってたけど。
とっても爽やかな人達で。こんな人達もいるんだね〜と
雨で濡れたけど、体勢を整えつつ見てました。

で、終わった後、ビール飲みつつ、頭ボーっとして
待ってたら、KOCの可愛い二人が出てきましたー
アイリックは本当にハンサムさんでねー
で、オイエくんも相変わらずの可愛さ。

曲が始まるともう、KOCのあの独特なワールドへ〜
ちょうどこの日の朝はKOC聞いてて、
Cayman Islands聞きたいな〜って思ってて。
そしたら、やってくれたんだよね〜嬉しかったっす。
でも。。。今思い出して浮かぶのはBoat Behindの、
おおーうおおー、うおうお、うおおー・・・なのだ・・・苦笑

アイリックはささやきヴォイスで「ありがとう」って言ってて、
それがもうね、無駄に素敵過ぎて興奮したわ〜
で、オイエくんを見つめる目がまたね〜たまらん
途中でカーディガンを脱いだ時は「ムホー★」と心の中で叫んでますた。
あと「ワタシノナマエハアイリックデス、アナタノナマエハ?」見たいに
しゃべってくれて、すごいな〜と。素敵過ぎ。グフフ

オイエくんはお客さんをあの独特な雰囲気で
煽ってくれてました〜
オイエくん、とっても長いツアーだったんだよ〜
って言って訪れた都市の名前上げてくれたり、
お客さんに、なんつってたんだっけ?メキシコ??から
来た人は〜?とか、コリアから来た人は〜?とか、
エゲレスからは〜?とか。
お客さんもノリが良くって、キャーキャーと応えてたり。
一番可愛かったのはI'd rather〜で踊りまくってくれたことだねー。
やっぱり。
なんか、やっぱりワタシ的には2ndからの
曲が盛り上がったなー、うん。新作も素敵なんだけどねー
最後にKnow howが聞けたのも嬉しかったなー

セトリは。

Kings Of Convenience/Shibuya O-east

1.My Ship isn't pretty
2.24-25
3.Me in you
4.I don't know what I can save you from
5.Singing softly to me
6.Cayman Islands
7.Failure
8.Second to numb
9.Mrs.Cold
10.Rule my world
11.Peacetime Resistance
12.Boat Behind
13.Misread
14.Gold in the air of summer
15.I'd rather dance with you

--encore--

16.Homesick
17.Know how

オープニングアクト終わってから、ノドが乾いたので、
ビール飲んでしまったら、すきっ腹のおかげで
かなり頭がボーっとしてしまった・・・汗

でも。仕事でのストレスはKOCの二人のおかげで
吹っ飛びましたー。外は冷たい雨だったけど、
会場の中は爽やかな風のような爽快感もあったー

それと、お友達も来てるのはわかってたんだけど。。。
仕事のせいで行けるかどうかだったので、連絡できなくって。。。
後で心配にさせてしまったようで。。。申し訳ないデス・・・




次の日はジェイミー。仕事帰りの重い体を引きずって行きましたー
本当はJCBホールにも行きたかったけどKOCと重なったし、
まあ座席よりはスタンディング派なので、Zeppと。

ジェイミーのライブに来る人は割りと家族とか年配の方が
来るのが多いので、JCBホールは売り切れてたけど、
残念ながらZeppはちょっと満杯とは言えない入りでしたが。

7時ちょっと過ぎからすぐに出て来てくれて。
相変わらずのジェイミーの笑顔が懐かしいなーと思いつつ。
アルバムのジャケのようにスーツ姿で登場。

初っ端はリアーナのカバーのDon't stop the musicからスタート。
さっきまで重かった体が嘘のように、メッチャ動きましたーワハハハー
新作の曲はどれもライブで聞いても、すんごく良かったなー
WheelsもMixtapeも聞けて満足。嬉しかったあー
Love ain't gonna let you downもGran Torinoもね!素晴らしかったっす
Love〜はやってなかったね。。。すんません、ボケてて。。。
あとはfrontin'もやってくれたし。
Cry Me A River、I Get A Kick Out Of Youは生声で歌ってくれたり。
Get your way、London Skies、Photographも本当に最高だったー
Mind trickはナナナアー、These are the daysは、
パッパパパラッパーと歌わさせてもらいました!
What A Difference a Day Madeもやってくれたっけ?

後は、ジェイミーがJCBホールって名前がなんだっけ???何かっぽく
聞こえたんだーとか、昨日はお客さん大人しく座ってたけど、
今日はロックだぜー!スタンディングだぜー!とか。
お花見に行ったんだよー桜きれいだったー天気も良かったし、
代々木とか明治神宮に行ったとか言ってた。
ただ、明治神宮はうまく言えなくってファンの人が教えてた、笑

とにかくジェイミーのライブは本当に楽しくって、
最高なんだよね。元気をもらうんだよね。

セトリはオフィでUPされたら載せようかと。。。

追記。セトリUPされましたぞ。

Jamie Cullum/Zepp Tokyo

1.Don’t Stop The Music
2.All Over It Now
3.Just One Of Those Things
4.Get Your Way
5.Wheels
6.What A Difference A Day Makes (Trio)
7.Frontin’ (Solo)
8.Photograph
9.You & Me Are Gone
10.Mind Trick
11.Music Is Through
12.These Are The Days
13.I Get A Kick (JC & Chris)
14.Everyone’s Lonely These Days (Solo)
15.Gran Torino
16.Cry Me A River (Acoustic)
17.Mix Tape
------encore--------
London Skies (Solo)


で、、、これは余計なお話しですが。。。前回のツアーで見た
サポのトムさんがまた来てたので、ワタクシはもう〜イヒヒヒヒ・・・
嬉しかったっすーーーーこのトムさんが素敵なのだー

家に帰ってから知った、フジ決定!!!の嬉しいニュースで再び
重かった体が軽くなったり。苦笑

仕事では今回、いろいろと在らぬ疑いをかけられた挙句に、
やっぱり調べたら違ってたーごめんなさい、とか後で言われたり、
本当に精神的に凹むことがあったんで、KOCのキュートな二人に
癒されて、ジェイミーの元気からかなりもらいましたー

KOCとジェイミーたん、本当にありがとう〜!
また来てね!!!っていうか、ジェイミーはフジ!!!ムフフフ★

今日はもう寝ます。ドロドロに疲れました・・・

Posted by riri-inu at 00:21 | music:live | comments(6)

春一番


今週は暖かだったねー。異常ですなー

とにかく金曜は日本中が真央ちゃんで凄かったねー
ウチの会社でも真央ちゃんの時間帯はTVに群がり、
ワタシのシマなんて周り全員席外されたからワタシが留守番っすよ。

まあ、結果は分かりきってたことだけど、
あの子が大粒の涙流してるのを見てるとこっちも
胸が痛かったし泣けてきて。。。
とにかく真央ちゃんが納得が行くすべりができることを
願ってたんだけど。あんな暴挙とも言える得点。異常としか言いようが無い。
あのどよめき中の直後、滑るなんて誰でも心折れちゃうよ。

もちろん、あのトップの方が素晴らしいスケートをするのは
間違いないけど、でも150点の意味が理解できない。僅差でしょうよ。
世界でも誰もできない技を持ってる訳ではないのに。
芸術が大事なら、ダンスでもしてればいいのに。
っつーか。ラフマニノフの鐘のあのプログラムの重厚さと
迫力を理解できない審判に芸術を評価されたくないわ。

いつからオリンピックはそんな点差が開くような選手が出る大会になったん
でしょうかね。
ワタシは2002の日韓W杯での事件を忘れることができないんですよ。
かの国がしたことをね。その後もあの野球でもね。本当に悪いけど
良い印象を全く持つことができない。ガッちゃんがフランスのW杯で
ヒディングの目の前で嫌がらせしたことも覚えてます。もうこれ以上は言いませんが。

そんな鬱々とした気分もBJで晴らそうと
行ってきましたー

すっっごい楽しかったー
やっぱりBJは楽しいー。
あの徹底的な盛り上げ方、パネぇっすよ。
とにかく頭空っぽにして楽しめる。

セットリスト的にはフジのを更に肉付けしたカンジで
ワタシはScarsの後のGood luckでメーター振り切れました。
どの曲もめっさ盛り上がってコーストの中は熱気ムンムン。
意外と良かったのがHush Boy。楽しかったっす。
Shie's no goodも半端なかったなー
あ、でも不思議とRed Alertは地味めに聞こえたなー
それだけ会場が既に盛り上がってたってことなのかしらね。
サバイバーMGMTも入れつつの
Just 1 kissももうね、始めっからワクワクして
なんか、きゃああああああああって声上げてしまったわ。
Raindropsも良かったぁぁぁぁぁフィリックスが
「いち、に、さん、しー」って言ってくれたのも、きゃあー
saga、Rendez Vu、Plug It Inもマジやばかった。

あ、Major LazerのPon De Floorかかってたっぽい。
あと、トランペットの7nation armyもあったよー

後半のDark PumpkinからWhere's your head atまでの
盛り上がりときたら。ワタシもあんまり記憶ないです・・・
目がチカチカとライティング凄かったし、曲はバキバキで
もうね頭がイってしまったー。あ、over the rainbowも
あったのよー。フフフ

相変わらず、このお姉さま達はダイナマイトでして。
何回も衣装も変えて出て来てましたが、本当に楽しかった。

最後はスタッフの人までステージで被りものして
出て来て、踊り狂い。カッパの着ぐるみ着てた人が可愛かったー
お魚の形したかぶりものあった。笑
あ、ちなみにスタッフさんは赤と白のボーダーシャツと
帽子被っててちょうどウオーリーを探せみたいな格好で
サウンドチェックしてた。笑った

とにかく、終わった後は汗だく。疲れたけどでも心地良かった。

フィリックスの太鼓腹を触ってみたい。。。

ほんとうに楽しくって、しょうがない。
また見たいよーーーーーーーー!

また来てね!!!

追記。
セトリも。

01. Scars
02. Good Luck
03. Twerk
04. Hush Boy
05. She’s no Good
06. Red Alert
07. Jus 1 Kiss / We March On
08. Raindrops
09. Feelings Gone acoustic
10. Jump 'n Shout / Dub step
11. Saga
12. Rendez Vu
13. Plug it in
14. Onyx
15. My turn
16. Do Your Thing
17. Dark Pumpkin
18. Where's Your Head At


* encore
- Romeo Pitch
- Bingo Bango

あ。あとBig Beachだっけ?あれ、今年凄いねー
ケミカルの3時間セットって。。。
Groove Armadaも出るみたいだし。
幕張みたいだから、行けたら行ってみたいなー

Posted by riri-inu at 22:34 | music:live | comments(0)

Chris Garneau@Shibuya O-nest


行ってきました〜★
いやあ、すっごく素敵でしたよ〜めっちゃキュートですた。
クリスくんと呼ばせてもらいますよ〜

元々は全然来日するのも知らなかったんだけど、
たまたま友達が教えてくれたので(友達、ありがとう!)チケットも
かなりお手頃だったから、さっそく行く事に。

スタートの時間がかなり遅くて、すっかり
腹ごしらえもバッチリでき、HMVも軽くのぞいて、
向かったんだけど、まだ始まってなかった。。。汗
少し歩いて、会場入りしました〜

お客さんがかなり始めの頃はまばらでちょいと心配になったけど、
ワタシはなんとなく最前列に進み。。。
アナちゃん(チェロ担当)が会場でちょっと出て来てたりしてた。

オープニングアクトのおおはた雄一さんが始まって。
かなり良いカンジの人だったよ〜
歌のうまい、っていうか、歌を聴くことに集中できる
シンガーソングライターさん。日本でもちゃんといるんだな〜って思った。
ギターの動きばかり見てました。

で、終わって、ちょっとしたら。何気にクリスくんとアンナちゃんが登場。
ってか、クリスくん、小柄ですな〜
で、キーボードの前につくんと座り。。。ってか、椅子の高さが高めでさ。
足がちょいと浮き気味で。。。かわいいのぉー
で、そこから一気にクリスくんワールド!!!全開でしたよ〜
で、クリスくん、歌う姿がまたもう。。。
可憐なのよ。。。小鳥さんが歌ってるかのよう。。。
内股気味で、キーボードを叩く手もパタパタして、しかも
肩をすくめて上目遣いで切なそうに歌うんですよ。
もうね、可愛い過ぎて食べちゃいたいくらい〜〜〜
でも、ピアニカ吹いてる時はちょっと男の子らしい動きもして、
そのギャップが。。。グフフフ


ライブでも印象深かったのが1stからの曲かなー
シンプルな音のアルバムだし、チェロの音が効果的な曲が多いからかもしれないけど。。
Baby's Romanceは耳に残ったな〜not niceも素敵だった!
あ、あとはcastle-timeとかBlue Suede Shoesも良かったし。
で、やっぱりBetween The Barsもやってくれました。
嬉しかった!でもワタシはクリスくんの曲達の方が印象に残ったよ!

そんな訳で、、、
いやあ、そこからはもうずーっと小鳥クリスくんワールドに入ってましたんで、
夢中になって聞いてましたよ。
あ、でもアンナちゃんに手振ったら振り替えしてくれたんで嬉しかったぁ

で、クリスくんもしゃべってくれた。
このツアーの最後が日本だよ〜とか、冬が好きなんだ〜とか。
ってか、コショコショしゃべるっていうか、まあ、いわゆる
小鳥のさえずりですよ。いやあ、キュートくんだわ〜

で、アンコールに応えて出て来てくれて歌い終わった時なんか、
右手をほっぺに当てて、肩すくめて、うつむいてたんですよー
あれは照れてるんでしょうか!!!!!!きゃあー!!!
またそれがーーーーーーーーーー!!!!
母性本能くすぐられまくりで家に連れて帰りたくなりました。
いやあ、どこまで可愛い子なんでしょうかね〜
このまま、素敵に歌い続けて欲しいですよ、ほんとに。

でも、帰りが10時過ぎたんで、仕事ある身なので、終わってからは
駅へ直行。。。もうちょっと残っていられれば、
サイン会とかあったんだろうな〜と思いつつ。。。
それが残念だったわ。。。
でも、とにかく見れて良かった。
今年の初ライブ、素敵でした。幸先良いスタートってことで。。。

また日本へ来てね〜!!!

Posted by riri-inu at 23:38 | music:live | comments(5)

う、う、嬉しいーーーーーーー!
Basement Jaxx来日決定!!!!!!!!!!!!

行くーーーーーーーーーーーーーーー!!!

寒かった心があったかくなった!

Posted by riri-inu at 22:11 | music:live | comments(0)

The Swell Season@International Forum


行ってきました〜

今年2回も見れるなんて、びっくりもしつつ。
国際フォーラムは音がいいから、それだけが
ちょいと楽しみであったんだー

何にも考えないで会場へ着くと。席は真ん中でして。
7列目だったから、すごく良かったんだけど。

今回はHothouse Flowersのリアムさんが
一緒に来てて、なんでも次回の新作にはリアムさんも
参加してるのねー
あんまり、SwellSeasonもご無沙汰してて
近況には詳しくないんだけど、新作が出るのよね。
新作は楽しみ。

で、そのリアムさんがオープニングアクトで。
シーンと静まり返った会場で、少し緊張してたのかな?
時々、手の指をパタパタと曲げながら、
ゲール語(かな?)で歌い始めてくれました。
途中、一緒に歌って〜ってことで、「ゴマー」を
連呼してきました。。。ゴマーでいいのかなぁ???
でもピアノ弾き語りしてくれた時はステキだったよ!

お次はグレンさん&マルちゃん。
二人とも元気そうで。なんだか、こんな状況の中、
来てくれて本当に嬉しかったなー

で。
グレンさんは顔を真っ赤にして熱演してくれたし、
マルちゃんの声もやっぱり本当に綺麗で、
映画の曲をやってくれると、
国際フォーラムは音が最高なんで、
あまりの音のクリアーさと迫力にドキドキした。
ワタシの場合は席も中央だったから、ピアノ、ギター、
ドラム、ベース、バイオリンそれぞれの音が
すんごい良く聞こえたんだ。
だが、なんだか、途中から尻が痛くなってさー。
周りのお上品なお客さんの迷惑にならんよう、大人しくしつつ、
でも体揺らしてリズムを取りながら見てたら、
尻がカチンコチンに。。。苦笑。
とにかく、ワタシはどうやら立ってで聞くのが習性になったらしく、
しょうに合ってる。らしい。ガハハハッハー

後半、なんの曲だったか(ちゃんとチェックせずで。。
ズボラでスンマセン。。。)突然、グレンさんが
Jeff BuckleyのGrace歌い出してさ。
(グレンさんのGrace聞きたかったよぉー・・・)
マジでビックリして、「ヒーッ!!!マジでヤバい!!!」と
声出したら、友達の隣に座ってた女の子に
睨まれるように見られてたし。。。汗

ワタシ的には1月来日のハコで見た時が楽しさ度は大きいかったなー。
フォーラムも悪くないんだけどね。
あ。。。前回はビール飲んで酔っ払ったせいで楽しかったか?!
ちょいとTravisの時と同じような寂しい感覚がありました。
前回も声小さかったがやっぱり今回もBack Brokeは
お客さん、みんなで一緒にハミングして欲しかったな・・・
どうも前回のハコでの一体感が望めず。。。立ち上がって拍手もできんかったし。

今から思うとグレンさんも会場が静か過ぎたし、
若干、緊張してたっぽいようにも思える。。。

でも、トーキョーはすごい街だよね、って言ってくれた
グレンさんの言葉を信じて、また日本に来てくれることを
願ってるよ。また、日本に来てね!!嫌いにならないで欲しい。。。切実。

最後はリアムさんと共演でボブディランのForever Youngで〆め。
新作が楽しみだ。。。ということで。。。

マルちゃんの声と笑顔にはやっぱり癒されるわぁー
あ。あと、帰りにふろっぴさん達にお会いして、
おまけにアンケートにトムマクレー呼んで下さいと
いろんなとこに書いて、アイリッシュリキュール頂いてきちゃいましたぁー

Posted by riri-inu at 22:32 | music:live | comments(2)

White Lies@Astro Hall


行ってきました〜

なんだか、昨日のことを思い出すと
笑いがまだ止まりません〜(ΦωΦ)ふふふ・・・・・・・
・・・ライブを見れる当日まで、嬉しくて笑いが
止まらなくってさぁー
すっかり友達を不気味がらせてしまった・・・汗
すーっかり、オバサンが若い子を追っかけてるような
気分になってしまうんだけども。
ハリーがとにかく可愛くてしょうがない。
ウチの甥っ子よりも可愛く感じる瞬間があってヤバいわぁーワハハ

たまたま去年の5、6月かなぁ?
フジに出る人をチェックして見つけて以来、
追っかけてきたWhite Lies。
曲を出す度に、この子達は凄い!と、思い、
you tubeで見たレイターでも、フジで目撃したライブも
他の新人くんバンドよりもダントツに抜きん出た
演奏力を見せ付けてくれてるんで、単独はもうそれはそれは
ずーっと楽しみにしてた訳です。

アストロなんていう小さいハコで見れて、嬉しいぃー!
いやあ、しっかり2列目辺りで堪能させてもらったよ〜
ライブ自体はとにかくハリーがエンジン全開で、
初っ端から大好きなFarewell to the fairgroundで始まって。
そこからwhite liesワールドへ一直線っすよー。
曲も本当に良いし、ハリーはもちろん可愛くて最高なんだけど、
サラサラ&ふわふわのリズム隊(ジャック&チャールズ)
の演奏力が普通の新人くんではないんだよ。
キーボードのサポさんも素敵なんだよねー。
で。
あまりの若さとひた向きで、これからの将来の予感とで、
ちょいと眩しくも見えたり。
で、きっと普段は本当に普通の男の子なんだろうけど、
ひた向きにバンドしてる姿にはグッとくるわけですよ〜★

セトリは多分このコーチェラの時のと一緒だと思うー


1.Farewell To The Fairground
2.To Lose My Life
3.E.S.T
4.From The Stars
5.A Place To Hide
6.Unfinished Business
7.Fifty On Our Foreheads
8.The Price Of Love
9.Nothing To Give
10.Death


時間は短かったんだけど、とにかく彼らの演奏力は抜群だったから
大満足の大満腹。もっと聞いてたかったけど、アルバムも出たばかりだし、
こればかりはしょうがない。
どこかでチラっと読んだんだけど、他のバンドとも一緒に
演奏してた時にこの子達だけはダントツに演奏も曲も
良かったから、その場にいたレコ社の人達はこぞって色めきたったらしいのよね。
やっぱり、そうなのね〜って頷きながら読んだけどね。

で、最後に。
ワタクシの不気味な笑いが止まらない理由を。
ハリーから、素敵な発表が★
「フジに出るよ〜」って。嬉しくて笑いが止まりません。。。
ふっふっふっ・・・
・・・ふっふっふっ・・・

Posted by riri-inu at 23:08 | music:live | comments(2)

Paul Weller@Studio Coast
行ってきましたー

・・・実は、昨日は休日出勤で、仕事してからだったんだけど。
先週はすんごく頑張って土曜は出ても、早く仕事終わらせられるように
してたんだけど・・・
一緒に仕事してる人に散々引きとめられて。。。
ワタシのやるべきことは終わってるのに。。。
・・・なんか、関西の人って、結構人使い荒いというか。
あんまりグチグチ言いたくないけど。
とにかく、もう間に合わないほどに待たされそうになったので
もう用事があるから帰ると、いいギリギリ間に合っていけたんだけどさぁ・・・

でも。そんなワタシのストレスが吹っ飛ぶ、
すんごくすんごく素晴らしいライブをウェラー大先生が、
そして、OCSのスティーブを始め、ダブルアンディ、
もう一人のスティーブが見せてくれました〜

ウェラー大先生は去年のサマソニに比べると
ビール腹が凹んで、スッキリとした体型になって、
また、セーターにネックレスというワタクシの1番ニガテな
スタイルをしても、惚れてしまいそうなくらいカッコ良かったっす。
で、とーってもご機嫌そうでした〜♪

スティーブ(OCS)は相変わらずの師弟愛全開で大先生を支えつつ、
新しい若い子達をまとめつつ、あれこれと引っ張ってくカンジ。
いつの曲の時だったか忘れちゃったけど、ライブ後半、
俺に貸せってカンジで、ドラムのスティーブのスティック奪って
一緒にパーカッション加わってたりしてたなぁーフフフ

アンディ(ルイスね)は相変わらず癒しキャラ全開で一生懸命さが可愛かったー。
もう一人のアンディ、ドラムのスティーブくん(元Standsの子です。)
ウェラーバンド新入りのこの子達が凄い。
All On A Misty Morningからはこのアンディ、スティーブが
アコギを引き、Brand New Startではウェラー大先生に代わり
一部を歌うという。今までのウェラー大先生のライブには
なかった展開が。
アンディも歌うまかったけど、スティーブがうまいのよ〜
Wild Woodはウェラー大先生は歌うのみで、周りに演奏まかせてたり。
そんな新しい試みをして、若い子達ともバンドとして
進化させようとしてる大先生。いやあ、カッコ良い人は
いつまでもカッコ良いんですなぁ〜

とにかくお客さんは大盛り上がりで、先週のoasis同様に楽しめたなぁー

体は残業の疲れでボロボロだったんだけど、そんな老体でさえも、
元気に飛び跳ねさせてくれた、素敵なライブでしたー
(最後のマリスはハシャギ過ぎて、息切れしてしまったけど・・・汗)

セトリです。

1.Have You Made Up Your Mind
2.All I Wanna Do (Is Be with You)
3.Out Of The Sinking
4.22 Dreams
5.The Changingman
6.From The Floorboards Up
7.Wake Up The Nation
8.Sea Spray
9.Push It Along
10.Porcelain Gods
11.Let It Be Me
12.One Bright Star
13.Empty Ring
14.You Do Something To Me
15.111
16.All On A Misty Morning(Magic Bus)
17.The Butterfly Collector
18.Brand New Start
19.Wild Wood
20.Come on/Let's Go

--encore--

21.7 and 3
22.Broken Stones
23.Whirlpool's End

24.Town Called Malice

Wake Up The Nationと7 and 3は新曲だと思う。

ウェラー大先生、ありがとう!またすぐ日本に来てね!
スティーブはたまにOCSで来てよ!

ドラムのスティーブくんのマイスペ。 コチラ
マイスペで聞いたけど、中々素敵なのよ〜
声も良いし、曲も素敵で、こんな子がSSW見たく
頑張ってるとは、、、驚きですよ〜
ソロアルバム出してるみたいだねー。気になるわぁー
この子、要注意人物ですよ〜

Posted by riri-inu at 15:19 | music:live | comments(5)

harbot clock

Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comment

Recent Trackback

Bookmarks

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Profile