<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク at | - | -

やっぱり。
チェ 28歳の革命 (ベニチオ・デル・トロ 主演) [DVD]
チェ 28歳の革命 (ベニチオ・デル・トロ 主演) [DVD]

早くもDVD予約受付始まってるよー。ビックリしたー

しばらく、いろいろと考えてたりしてて。
この後のPart2を見た後、どうなるか急に不安に
なってきたんだ。だって、後編は辛いものに
なりそうだからね。。。

なんか、記事にできる気がするので、やってみた。
すみません、前言撤回です。

真剣に見ましたー。かなり見入ちゃったなー
ソダーバーグ監督、スゲー。マジで。
よくまあ、ここまで正面切ってやったね。。。
アメリカではこれを見れるのはごく僅かだろうなー。
そしてデルトロも素晴らしかった。
何かを感じられたら、それでいいと思ってたけど、
彼らの静かなるゲバラを描く意気込みを、
この映画を作った人達の情熱を、
ワタシはちょっと痛いほどだったけど、
ほんの少しでも感じられて良かったなーって思った。

始まりは国連での演説をするまでの
アメリカでの彼の様子、キューバでのゲリラ戦を
交互に入れ替えしながら、ソダーバーグが淡々と描いている。
ひたすら地味です。ゲリラ戦なんかは地味そのもの。
ゲバラは喘息の発作起こしながら、行軍についていくのが
精一杯だったんだけど、その中でキューバの農民を医者として
見て、農民と接し話を聞き、ゲリラ兵をどんどん統率して、
他の革命派の派閥も、うまくまとめていくということをこなし、
そしてゲバラも革命家として第一歩を踏み出していくというカンジ。
サンタクララでの戦いは、この映画の中では盛り上がるトコで、
この戦いで勝利を収め、他の同胞の軍と示し合わせるべく
最後のハバナへと向かうところで終わるんだ。
あ、国連での演説も素晴らしいよ。デルトロ熱演しております。

入念に下準備を重ねてきたからこそ、ひたすら淡々と描くことに
徹してるんだなーって思った。
この辺りはケンローチもそんなカンジだし、自分的には良かった。
他のありがちな作られたヒーロー的なものは排除されてます。
もちろんソダーバーグの思いいれ的な
精神的な高揚感は一切ありません。
事実を並べて、それを丁寧にデルトロが演じてるというカンジ。

まあ、きっかけはマニクスです。キューバを知ることになるのは。
で、ゲバラも知りました。ほんの少しだけど。
キューバは確かに社会主義なんだけど、ソ連とも中国、北○鮮とも
全く違う国家です。
国民の90%以上の識字率、日本なんかよりも遥かに多い医者の数。
教育、医療は全て無料。そんなことをあの経済封鎖の中、
なんとか自給自足をして今も耐え凌いでいる国なのです。

今、何にも食べ物にも困らず、お腹いっぱい食べられて、
毎日暖かい布団でゆっくり、ぐっすりと眠れるワタシには
戦うには戦争せずに他の方法があるんじゃないか?とか、
結局ゲバラは人殺しなんだ。とか。って反論する人もいるだろうけど、
独裁政権や圧政に苦しむ人々が蜂起した
現実に関しては、何も言うことができません。
もう何も食べるモノもなく、本当に生きるか死ぬかの中で
必死に生きている人達が、人としての権利を取り替えそうとするのに、
残されてる手段はもう戦争しかないんだから。

そして、アルゼンチン出身のゲバラがなにもかも、全てを放り出して
キューバの貧困にあえぐ人達の体を医者として見たり、読み書きを
教えたり。喘息の発作を起こしながらも、山を歩く姿。
ケガした兵士は見捨てずに最後まで面倒を見て、そして
命を投げ出して戦う姿に、何も言うことはできません。
そんな事実があったことに呆然とし、涙しか出ない。
なまじっかな知識として、知ってはいたものの、この映画で
淡々と描かれるキューバの山の中でのゲリラ活動。
あんなことをずっと2年もの間やり続けてきたんだって。
想像を絶するよ。そんなことに対して言える言葉はない。
ゲバラは現実を見て行動したんだ。
ただ、この状況を変えなくてはの思いだけで。純粋な人です。

ただ。
ワタシが言えるのはゲバラの、あの屈託の無い笑顔を見てると、
本当に魅力的で、引き付けられてしまうんだ。
あの目が本当にカッコイイんだよね。
そしてあの彼の笑顔を見てると
あんなに過酷で悲惨そのものの戦闘してきたってことも
本当に驚くしかないし。

と、ここまで、なんとか。。。
Part2はボリビアでの、本当にゲバラが思っていたことを
実現したかったけど、何もかもダメになっていく
姿らしいから、見るのが怖くなってきた。。。
ゲバラが追いつめられていっちゃうんだろうな、と。

それと自分が生まれる前にゲバラは亡くなってしまったけど、
生きてる人がいるからとても不思議に感じられる。
カストロは今も生きてるし。
今はソ連は存在しないけど、社会主義という名の
独裁政権が今もあるし。中国もどうなるか、わかんないし。
で、資本主義もアメリカもどうなるか、わからない。
この今の状況をどこかでゲバラは葉巻吸いながら見てると
思うけど、どう思ってるんだろうねぇ・・・。

あ。随分前にモーターサイクルダイアリーズも見たし。
ゲバラがなぜ革命へと向かっていったのかがわかるよ。
今思い出すとあの輝くような素敵な青春を過ごしたゲバラの笑顔が。
それを思うだけで涙出ちゃう。

クドクド長くなった。。。あああ。
っていうか、ワタシの誰も周りでは興味ないことなんで、
ここでいっぱい書いてしまった。。。汗
これで通常に戻れそうだな〜

Posted by riri-inu at 15:53 | films | comments(0)

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク at 15:53 | - | -

コメント
コメントする







harbot clock

Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comment

Recent Trackback

Bookmarks

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Profile