<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク at | - | -

Bell and Sebastian@Studio Coast


行ってきましたー

とーっても楽しかったです。
いつも見る度に、思うのはベルセバって
なんだか本当に心がホワホワとホンワカ、心が暖かい気分になるってことで。
しかも、楽しい。本当に楽しい。

今回は一人で見に行ったのですが、ちょうど前に立ってた方達と
お話しして、よりもっと楽しく見ることができました。
これもベルセバのおかげ。

で、お話ししながら待ってるとほぼ定刻通りに始まって。
スチュアートは赤いジャケットに黒のVネックシャツとジーンズ?ズボン?
(目が悪くてよく見えてませーん)に黒の帽子で登場。
何気に好きなミックさんが今回はツアーに参加してないんで、それは寂しいけど、
サラ、スティービーを始め、他のメンバーは変わらず元気そう。

もうなんだかんだと言いつつ、ベルセバも長く続いてるんだけど、
本当にみんな、変わらないねー。と、思って見てました。

1曲目のI didn't see it comingで始まり。
やってくれるだろうと予想してたI'm a cuckooも楽しかった。
そこいら辺りはスチュアートが、「すっごい素敵な土曜日!」って言って、
サラが「金曜日よ」って言ったり。
スチュアートが「今日は英語で話す事にするよ。大阪でヒドい日本語話したからね。」
とか言ってて。

あ、わざわざ、スチュアートが「野球が日本で人気あるんでしょ?」みたいに
言ってたり。でも、どーもお客さんとイマイチかみ合ってなかったかなー
野球する人、手上げて〜」とか。
その時とかは思わずスチュアートが学校の先生っぽく見えたり。
まあ、多分英語通じなかったかな?って思ってるだろうけど、
そこがチョト残念だったかなー
で。スチュアートが野球の球投げるマネしてたけど、手と足が逆ぽっかったり。
面白ろ可愛かったー。

後は、Sukieとか、曲なんの時だっけ?で、若いお客さんステージに
上げてくれたり。で、スチュアートがメダル上げるの。
なーんか微笑ましかったねー。

あと、Sleep the clock aroundでスチュアートがステージ降りて、
左後方まで行って柵の乗って歌ったり。
で、そん時、スチュアートが「つかまえてて!」叫んでるのがウケた。

曲の方は硬軟取り混ぜてっていう選曲で。
Sukieは最初、ストリングスのスローで繊細なイントロから
始まって、そこから一気にハジけるってカンジだったり。
The fox in the snowでスチュアートが弾き語りしたり。
素晴らしかったのはIf you're feeling sinister。すごく良かった!
聞いてて、本当に心に染みて、ウットリとして聞いてました。
もうそこからはどの曲も凄かった!!!夢中で聞いてましたー
チョト興奮してて、あんまり思い出せないんですが。
本当にどの曲も素敵で。後半は本当に圧巻でした。

アンコールで出てきてからは、リクエストをやってあげるーって
スチュアートが言ってたんだけど、
どうも、フジで見た若いお客さんが多かったせいか、
スチュアートが声かけても、レスポンスがどうもスムーズではなかったかなー
でも、「本当にいいの?みんな、いいの?」ってカンジで言うと
一斉にお客さんが叫ぶものだからお客さんに手上げさせたりしてて、
また先生に見えたよーワハハハ

あと、スティービーがビートルズのDay tripperやT Rexのget it onを
やってくれて、お客さんが歌ったり。

最後のblues are〜でスチュアートがカンフーっぽく足上げたりしてて、
やっぱりスチュアートって何気に熱い人なんだなーって思わず笑ってしまった。
で、素敵でしたよー。スチュアートは。

セトリです。

1 I Didn't see it coming
2 I'm a cuckoo
3 Dirty Dream #2
4 Come on sister
5 I'm not living in real world
6 Piazza, New York Catcher
7 I want the world to stop
8 Lord Anthony
9 Sukie in the graveyard
10 The Fox in the snow
11 Sunday's Pretty Icons
12 If you're feeling sinister
13 The Wrong Girl
14 Simple things
15 The Boy with the arab strap
16 If you find yourself caught in love
17 Judy And The Dream Horses
18 Sleep the clock around

---encore---

19 Dog On Wheels
20 Get me away from here I'm dying
(Day Tripper - The Beatles Cover)
(Get It On - T Rex Cover)
21 The blues are still blue

本当に心があったかくなるライブをありがとうー
また日本に来てね〜
変わらないベルセバのみんなに会えるといいなーって思ってますー

Posted by riri-inu at 19:08 | music:live | comments(4)

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク at 19:08 | - | -

コメント
こんにちは\(´▽`)/
先日のベルセバライブでお話させていただいた赤めがねです♪

ほんっとうに楽しい時間でしたね。
そしてあっという間・・・。

読んでいてひとつずつ思い出しています。


日常ではなかなか出会えないベルセバファンとこうやってつながれたのも縁ですよね。
とてもうれしいです(*´▽`*)

教えていただいたいろいろな音楽もこれからたくさん聴いていこうと思います。

余談)きれいなページですね♪♪



※セットリストありがとうです☆彡

プク | 2011/03/07 09:48

◎プクさま

今晩は!

うわぁー、コメントして頂いてありがとうございますー
金曜日はいろいろありがとうございました★
そして、お疲れ様でした!

本当に楽しくって、2時間弱の時間もあっという間でした!
ベルセバの素敵な音楽にどっぷりと浸れて、幸せな一時でしたよね。
スチュアートもとってもカッコ良くて素敵でした!

>日常ではなかなか出会えないベルセバファンとこうやってつながれたのも縁ですよね。

本当にそうですよねー。ベルセバのおかげですねー。
日常では、こういう音楽の話をできることがないですから、
ライブ前にいろいろとお話しできて、すごく嬉しかったです〜!

またベルセバや、どこかのライブでお会いできるといいですね〜

ブログも見て頂いて、本当にありがとうございました!
お褒めの言葉まで頂いて、恐縮です・・・(;^ω^)

セットリストはネット調べて載せてみました〜
これをまた見ると、ライブでの感動が蘇りますよね!

それでは、また!

riri-inu | 2011/03/07 22:01

こんにちは、「前に立ってた方達」の片割れです(笑)
ベルセバはいつも楽しいけど、今回は特に皆さんと観れたので
いつもに増して楽しかった〜もうおなかいっぱいになりました!

ベルセバをTigermilkで初めて聴いてから好きになるまで少し時間が
かかったんですが(当時ガチャガチャしたブリットポップや
シューゲイザー大好きだったので、何と弱々しい声だ、っていうのが
第一印象)、出会えてよかった、と心から思います。

またライブ行きましょうね。

このページ、まだ全部見てないんですがそれでもアンテナを広く
張ってるなあと感心してしまいました!すげ〜(*^_^*)

まだのぞきに来ます〜

ゆか | 2011/03/07 23:23

◎ゆかさま

今晩はー!金曜日はお疲れ様でした〜

本当に始まるまでの間、いろいろとお話しできて
楽しかったです〜。
なかなか普段、こういう音楽の話をできないと
余計に楽しくなってしまいました!

ベルセバ、ゆかさまにもいろいろと思いいれがあるのですね〜
それに、最初からピンと来ない分、そこから好きになった時の
嬉しさが倍増しますよね。
あの感動のライブの時間はベルセバの音楽に出会えて、
本当に良かった!って思える、幸せな時間でしたね〜

またベルセバやどこかのライブでお会いできるといいですね!

ブログも見て頂いてありがとうございます。恥ずかしながら、
自分の好きなモノをペタペタと貼り付けてるだけなんですが、
またお暇な時に見て頂けると嬉しいです!

それでは、また!

riri-inu | 2011/03/08 23:54

コメントする







harbot clock

Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comment

Recent Trackback

Bookmarks

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Profile